康晴農楽園にっき2010年07月

   

康晴農楽園にっき

 
 
 
 
 
    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  コメント(-)  |  トラックバック(-) ▲ TOP

初めての畝作りと定植

連日の猛暑で日中は35℃近くまで上がるので、お昼から3時までは縁側でお昼寝タイム
朝は4時半から暗くなるまでの19時半まで、お日さまと競争です。
皆さんのところは如何でしょうか?

先日「余った苗木があるから、、」と、お隣さんから

ナス:45 唐辛子:40 モロヘイヤ:20 
四角豆:12 シシトウ:38 おくら:17

頂きましたので、急いで畝(幅1m、長さ17m)を4本作り、適当に植え付けました。


(苗がはっきりしませんね。( ´△`)アァ-)
それぞれ植える場所を吟味した方が良かったかな?(笑)

写真はオクラとナスを植えたところ



手前が作った4つの畝、その奥が長年使っていなかったところ。



畝を作った場所は2,3年前まで畑として使っていたところなので、なんとか私でも収穫できるかなぁ~。

その下(奥)は、7年位何も作っていなかったので、一度刈った後の雑草の生え方も弱々しく、土が痩せていそうです。
また、杉菜が多いことから畑全体が酸性なのでは?

年内は残飯や米ぬか油粕、貝殻を入れ、マメ科とイネ科の種をばら蒔いてみようかと思っています。
先は長い道のりです。

どこかで、米ぬかと油粕、貝殻が調達できないかなぁ。

(初めてのことばかりなので疑問符が重なります。)
スポンサーサイト

湧水

伊豆の国市神島、葛城山と城山の間にある林道わきの湧水です。



水が汲める場所が近くにあることを条件として新天地を探していたのに。
伊豆なら大丈夫だろうと安易に考えていましたが、車で15分の場所にやっと良い湧水を見つけることができました。v(T▽T)イエーイ

水は私好みの冷たく澄みきった軟水です。

汲んできた湧水を毎日飲めることは、田舎暮らしの魅力の一つでもあります。

帰りに国道136号沿いの気になっていたお店に。
ログハウスでできたオーガニックカフェ「Lemon Tree」
近くに畑と田圃を少しやっているそうで、店内で使う野菜は畑で採れたものだそうです。



店内は1階と2階があり2階は近所のおばさんやカップル賑やかだったので、一階でケーキとコーヒーを頂きました。
興奮しちゃって店内の写真を撮るのを忘れていました。=( ̄□ ̄;)⇒
また、次回行ったときに。

旧母屋の掃除

7月8日木曜日に霜里の研修生と先輩、3人の手伝いもあって無事引越し完了。

夫婦とも荷物持ちなので、3tトラック1台に全て載せられるか心配でしたが、アリ(霜里研修生)の積載技術もあり最後はアンモナイトの化石のようにギュウギュウになってなんとか全て詰めることができました。



お手伝いくださいました霜里農場の美登さん、友子さん、研修生、卒業生の皆様、畑と田圃共に忙しい時期なのに、本当にありがとうございました。

(o^o^o)あ(o^-^o)り(o^o^o) が(o^O^o)と(o^.^o)う




場所は伊豆の国市田中山で、畑からは天城連山が見渡すことができます。


お借りする畑は雑草が生い茂っているので、先ずは刈払機でひたすら刈ることから始めないと・・・ですが、



その前にお借りする旧母屋の掃除からで、6部屋に廊下と縁側がある日本家屋なので掃除が大変。
扉が閉まらなかったり、軒下や天袋のハチの巣を取ったりとか、長い間住んでいなかった家を住めるようにするまでには大変なのだぁ。

まだ、1週間位は身の回りのことで何かとかかりそうです。

そのころには梅雨も明けていそうですしね。

その後は、道具を揃えたり、雑草を刈ったりから始めないと。

農薬

先日筑波で日本有機農業研究会と市民公開研究会主催で
「西洋ミツバチの郡崩壊が警告する農業のあり方
フォーラムに行ってまいりました。
4人のプレゼンターのレクチャーを4時間にわたり受けてまいりました。



ネオニコチノイドという農薬をご存知でしょうか?

有機リン系の農薬が人体に悪影響があるということで、それに代わる農薬として、近年盛んにつかわれている新しいタイプの神経系にきく農薬です。

フォーラムではこのネオニコチノイドが、今世界的にミツバチが姿を消している問題の原因ではないかということ。

すでにフランスとイタリアでは、この問題が起こってからすぐに使用禁止となっています。

ネオニコチノイド
●クロロニコチニル系
o アセタミプリド acetamiprid →モスピラン
o イミダクロプリド imidacloprid →アドマイヤー
o チアクロプリド thiacloprid →バリアード
o ニテンピラム nitenpyram →ベストガード
●チアニコチニル系
o クロチアニジン clothianidin →ダントツ
o チアメトキサム thiamethoxiam →アタクラ
●フラニコチ二ル系
o ジノテフラン dinotefuran →スタークル、アルバリン

作物を実らせるために大切な受粉の手伝いをしてくれるハチたちが、農作物に使われた農薬によって危機にさらされています。
ネオニコチノイドは水溶性で水に溶けやすく、大手の種子メーカの種の中には種子に消毒として周りにつけてあったり、農家が直接農薬を噴霧したり多くの場所で使われています。
ハチたちは朝作物の周りにできたネオニコチノイドの溶けた水滴から水分を補給するので神経を侵されて失踪、死んでいくようです。

しかも日本のこの農薬に対する安全基準は甘く、EUに対しては500倍も高濃度となっています。

  リンゴ
  EU 0.1pp、アメリカ 1.2ppm、日本 5ppm.
  イチゴ
  EU0.01ppm、アメリカ 0.6ppm、日本 5ppm
  お茶
  EU 0.1ppm、日本 50ppm

今後、水に溶けやすい特性から川や海に流れ出し、甲殻類のカニやエビに影響が出るのではないかと、懸念されています。

ネオニコチノイドがミツバチに与える影響をDVD製作しています。
ご興味ありましたらDVD製作にご協力ください。


フォーラムの結びとして、局所的な利益を求めた栽培方法は周辺全体の生態系のバランスを壊し、環境全体を捉えて農業を営むことが重要で、それには、農家が農薬を使わないことは当然で、虫に食べられた作物、虫がついた作物に過剰反応した市場、消費者の意識を変える必要があるとのことでした。

私も農薬はもちろん種子消毒された種を使わないようにして、消費者と共に環境を考えて栽培していきます。

名前

これから始める毎日の農作業を通して感じたことを書いていこうと思っています。

引っ越しは7月8日で今はひたすら荷物を段ボールに詰めています。
ε≡Ξ≡Ξ≡Ξ≡Ξ≡ヽ(;゚〇゚)ノアウアウ
なのに、何故かブログ書いています。


記念すべき第一回目は名前についてです。

これから伊豆の国市で始める農園の名前を 康晴農園 にしようかと思っています・・・ (康晴農楽園にしようか?)

「康晴」は、恥ずかしながら私の名前ですが、農園の名前として
「食べ物を通して健康で晴れ晴れとした日々を送って頂く」
という思いから付けました。<妻であるsaezo。推薦>

私の名前の由来は、祖父が将棋好きで、その当時大活躍していた大山康晴名人から名前を頂いたとのこと。

※ちなみに私は将棋は打ちません。


体に備わる筋肉は約200日、臓器や脳は約1年、骨は約2年半で成人の場合入れ替わり、この値は遅い成分を含めた値でほとんどは1ヶ月くらいで細胞は入れ替わっているそうです。

今の己の体全ては2年半前とは異なった細胞で、8割は1カ月前には無かった細胞、それから食べた物によって新たにできた細胞なんです。

この早さには驚きです。w( ▼o▼ )w オオォォ!!

体を作る材料にこだわっていますか?

コンタクト

〒410‐2404

静岡県伊豆市田代343

康晴農楽園

yasuharu@kxf.biglobe.ne.jp

アクセス


平成26年7月に引っ越ししました。

注)畑の見学希望の方は事前にメールにてご予約ください。

yasuharu@kxf.biglobe.ne.jp



自宅住所 : 静岡県伊豆市田代343


より大きな地図で 康晴農楽園 を表示




高橋 康晴

    Facebook : 高橋 康晴
    2010年より縁あって静岡の伊豆で完全無農薬&無肥料 不耕起草生栽培で営農。
    自身の命は他のすべての命と一緒に育まれること、ガイヤ理論を念頭に生命豊かな畑でエネルギーいっぱいのお野菜を作っています。
    ストレス社会で【感じること】にブロックをかけている人たちに、食べることで生き物の生命力を感じてほしい。
    食を通じで感じることの大切さを伝えていきたい。


06 | 2010/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
   大仁まごころ市場
  山の中のはちみつ屋さん
  ピザバス
   うつわ屋kiki
  トゥッティカフェ          オーガニック&ベジタリアンカフェ
  ごはん食堂 桐家
    やおや内野           3代続く宇佐美の八百屋
   焼き菓子 tent
   ことり工芸舎             民芸品 器のお店
 青森の老舗自然食品のお店    あの奇跡のリンゴが買える

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。