康晴農楽園にっき2018年07月

   

康晴農楽園にっき

 
 
 
 
 
    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  コメント(-)  |  トラックバック(-) ▲ TOP

台風12号

台風12号が伊豆を通り過ぎました。
まだ西日本を縦断中とあって近くの方は気が抜けない状態です。
特に西日本豪雨被災地の皆さんにとっては
気が休まる時が無い状態が続くことと思います。
早く通り過ぎてくれることを願うばかりです。

我が圃場もそれなりに被害があったもの
予想していたよりは少なくなんとか気を落ち着かせることができました。
もっちり里芋 20180729(01)
今回一番風を受けやすい場所だった里芋
間違いなく収量は減るけど、葉っぱが残っていたので安心しました。

風よけのために6月に種まきしたソルゴー
もっちり里芋 20180729(03)
役目を果たしてくれたようです。
本当は5月に種まきしてもう少し大きくしたかったけど。

その他の野菜もそれなりに回復するまでには
しばらく時間がかかりそうです。
スポンサーサイト

何故私たちが生物多様性にこだわるのか?

地球

地球に生物が誕生したのが今から38億年前と言われています。
そして、人類が誕生したのは700万年前と言われています。
ゆえに、人類が誕生するためには初めの生命が誕生してから37億9300万年かかったということです。

この37億9300万年という歳月の中で注目する変化があります。
35億年前、生命が誕生してから3億年経ってから光合成をする藻類が生まれたことです。
それまでの地球の大気は二酸化炭素と窒素がほとんどで酸素を必要とする生物がいませんでした。
また、太陽からの紫外線を避けるためのオゾン層も無く地上部は大変熱く生物は水中にいました。
光合成をする藻類が水中で繁殖したおかげで二酸化炭素を吸って酸素を吐き出し、そのことによって大気に多くの酸素がもたらされオゾン層が形成されました。
そして、地上部の温度は下がり地上で植物が育ち動物たちも地上に繫栄することができました。

光合成をする藻類が生まれたのは大変大きな1つの出来事です。
しかし、人類が誕生するまでの37億9300万年の間には様々な新たな生命、動植物が誕生し環境を変化させててきました。
その積み重ねが有ったことで人類がやっと37億9300万年かかって誕生できたのです。

我々人類が生きることができるのは沢山のいろんな命たちがいるからで、命が乏しいそれまでの地球では生きることができないと考えています。

毎日畑に立つと思うのです。
目の前のどんな命に対しても感謝します。


高橋 康晴

    Facebook : 高橋 康晴
    2010年より縁あって静岡の伊豆で完全無農薬&無肥料 不耕起草生栽培で営農。
    自身の命は他のすべての命と一緒に育まれること、ガイヤ理論を念頭に生命豊かな畑でエネルギーいっぱいのお野菜を作っています。
    ストレス社会で【感じること】にブロックをかけている人たちに、食べることで生き物の生命力を感じてほしい。
    食を通じで感じることの大切さを伝えていきたい。


06 | 2018/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
   大仁まごころ市場
  山の中のはちみつ屋さん
  ピザバス
   うつわ屋kiki
  トゥッティカフェ          オーガニック&ベジタリアンカフェ
  ごはん食堂 桐家
    やおや内野           3代続く宇佐美の八百屋
   焼き菓子 tent
   ことり工芸舎             民芸品 器のお店
 青森の老舗自然食品のお店    あの奇跡のリンゴが買える

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。