康晴農楽園にっき静岡自然農の会

   

康晴農楽園にっき

 
 
 
 
 
    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  コメント(-)  |  トラックバック(-) ▲ TOP

静岡自然農の会

5月8日、静岡自然農の会に参加してきました。

今回は静岡県沼津で自然農を24年取り組んでいる高橋さんレクチャーで、40人近い参加者で大盛況でした。

圃場は標高270mの山の中、おもに段々畑のあったところ。
周りは木に囲まれ自然に枯葉などが畑に流れ込む有機物豊かな畑です。
最近はイノシシ、アナグマ、ウサギ、シカなどが食べ荒らすため各畑は網やベニヤなどで囲われています。



高橋さんは決して「雑草」とは言わず「草」と言います。
草は土を柔らかくし、虫の寝床にもなり、土を乾かさず、急激な低高温から作物を守る環境を作り出すので、作物と一緒に大切に育て、1度にすべて刈らずに必要に応じ条間に生えた草をとびとびに刈るそうです。



玉葱が植わっているところも10?位草マルチがあり土はしっとりと湿っていました。
20年以上の間灌水したのはわずか2,3度だったそうです。



葱、玉葱、山東菜、大根、ジャガイモ、ソラマメなどなど、
これから定植するナスの苗、ナスの定植方法の実演など1日では収まりきらない内容でした。



種まき、定植で忙しい時期に畑でのレクチャー、高橋さん、スタッフのみなさん有難うございました。

<(_ _*)> アリガトォ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
※パスワードは任意の半角英数字(4~8文字)を入力して頂くと、入力表示後再編集したい場合、パスワードを入力することによって編集できるようになります。
<%comment_captcha>


高橋 康晴

    Facebook : 高橋 康晴
    2010年より縁あって静岡の伊豆で完全無農薬&無肥料 不耕起草生栽培で営農。
    自身の命は他のすべての命と一緒に育まれること、ガイヤ理論を念頭に生命豊かな畑でエネルギーいっぱいのお野菜を作っています。
    ストレス社会で【感じること】にブロックをかけている人たちに、食べることで生き物の生命力を感じてほしい。
    食を通じで感じることの大切さを伝えていきたい。


04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
   大仁まごころ市場
  山の中のはちみつ屋さん
  ピザバス
   うつわ屋kiki
  トゥッティカフェ          オーガニック&ベジタリアンカフェ
  ごはん食堂 桐家
    やおや内野           3代続く宇佐美の八百屋
   焼き菓子 tent
   ことり工芸舎             民芸品 器のお店
 青森の老舗自然食品のお店    あの奇跡のリンゴが買える

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。