康晴農楽園にっきお詫びと今後の販売方法

   

康晴農楽園にっき

 
 
 
 
 
    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  コメント(-)  |  トラックバック(-) ▲ TOP

お詫びと今後の販売方法

今回ヒビイズのイベントに参加させていただいて、沢山の方から野菜のご依頼を受けました。

残念ながら、まだ圃場は100%作付け可能とは言えない状況です。
不耕起草生栽培では、目に見えぬ小さな微生物から多くの動植物の命の力を借りて、
健康な野菜を栽培しています。
微生物を守るため従来のような一度に全面耕作して肥料を投入し均一状態にしないため、
まだ栽培に適さない個所があります。

そのため多くのお客様からのリクエストに応えられていない状況です。

今後、出来るだけ早く作付けできるよう、面積を広げる努力をしていきますので、
心苦しいですが、今しばらくお待ち頂けましたら幸いです。

                                                         冬野菜


現在、販売方法として、定期的に宅配でお野菜をお届けしている「提携販売」を主として、
余った分を今回のような「イベント販売」と「大仁まごころ市場」への出荷という形態をとっています。

来年は「提携販売」を主とし、余った分を「取り置き販売」と「イベントでの販売」とする形態で
販売する予定です。

来年から始める「取り置き販売」は、その時販売できるお野菜を本ブログでご紹介し、
品目注文数と引き取り日をメールで受け付け康晴農楽園で指定の時間で受け渡すというものです。

今年、まごころ市場での販売で売れ残りが多少ですがありましたので、できるだけロス無いよう
ご提供する手段として考えております。

「取り置き販売」開始は翌年6月頃からとなりますが準備が整い次第、本ブログで
ご案内いたしますので、よろしくお願いいたします。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
※パスワードは任意の半角英数字(4~8文字)を入力して頂くと、入力表示後再編集したい場合、パスワードを入力することによって編集できるようになります。
<%comment_captcha>


高橋 康晴

    Facebook : 高橋 康晴
    2010年より縁あって静岡の伊豆で完全無農薬&無肥料 不耕起草生栽培で営農。
    自身の命は他のすべての命と一緒に育まれること、ガイヤ理論を念頭に生命豊かな畑でエネルギーいっぱいのお野菜を作っています。
    ストレス社会で【感じること】にブロックをかけている人たちに、食べることで生き物の生命力を感じてほしい。
    食を通じで感じることの大切さを伝えていきたい。


04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
   大仁まごころ市場
  山の中のはちみつ屋さん
  ピザバス
   うつわ屋kiki
  トゥッティカフェ          オーガニック&ベジタリアンカフェ
  ごはん食堂 桐家
    やおや内野           3代続く宇佐美の八百屋
   焼き菓子 tent
   ことり工芸舎             民芸品 器のお店
 青森の老舗自然食品のお店    あの奇跡のリンゴが買える

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。