康晴農楽園にっきしょうが味噌の洋風おでん

   

康晴農楽園にっき

 
 
 
 
 
    

しょうが味噌の洋風おでん

しょうがについて

しょうがには様々な効用があるといわれています。辛味成分は血行を促進して体を温め、新陳代謝を活発にし、発汗作用を高める働きがあります。また、香り成分は、食欲増進の働きを持ち、疲労回復・夏バテ解消に役立ち、健胃・解毒・消炎作用があります。一年を通して体には良い食材の一つです。


☆おすすめレシピ☆


しょうが味噌


【材料】
味噌 40g
しょうが 10g
みりん 大さじ1
酒 大さじ1
酢 大さじ1/2

【作り方】
①小鍋に味噌、みりん、酒を入れて、火にかけながら焦げないように練る。
②火を消して、すりおろしたショウガを酢を加え、混ぜる。

しょうが味噌の洋風おでん

【材料】
大根 300g
ニンジン 200g
茎ブロッコリー 

コンソメ 1個
しょうが味噌

【作り方】
①野菜は大きめの乱切りにする。
②大根とにんじんを鍋に入れかぶる位の水を入れて、コンソメ1個と共に軟らかくなるまで煮る。
③最後にブロッコリーを入れ、軟らかくなるまで煮る。
④野菜を器に盛り、しょうが味噌を添える。

他に、焼きおにぎりにして、しょうが味噌を塗っても美味しいです。

【ポイント】
*洋風おでんは離乳食への取り分けができます。
*春先の少しえぐ味やあくの強い野菜もお味噌と合わせると食べやすくなります。


[管理栄養士 赤石記子]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
※パスワードは任意の半角英数字(4~8文字)を入力して頂くと、入力表示後再編集したい場合、パスワードを入力することによって編集できるようになります。
<%comment_captcha>


高橋 康晴

    Facebook : 高橋 康晴
    2010年より縁あって静岡の伊豆で完全無農薬&無肥料 不耕起草生栽培で営農。
    自身の命は他のすべての命と一緒に育まれること、ガイヤ理論を念頭に生命豊かな畑でエネルギーいっぱいのお野菜を作っています。
    ストレス社会で【感じること】にブロックをかけている人たちに、食べることで生き物の生命力を感じてほしい。
    食を通じで感じることの大切さを伝えていきたい。


10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
   大仁まごころ市場
  山の中のはちみつ屋さん
  ピザバス
   うつわ屋kiki
  トゥッティカフェ          オーガニック&ベジタリアンカフェ
  ごはん食堂 桐家
    やおや内野           3代続く宇佐美の八百屋
   焼き菓子 tent
   ことり工芸舎             民芸品 器のお店
 青森の老舗自然食品のお店    あの奇跡のリンゴが買える