康晴農楽園にっき初めての畝作りと定植

   

康晴農楽園にっき

 
 
 
 
 
    

初めての畝作りと定植

連日の猛暑で日中は35℃近くまで上がるので、お昼から3時までは縁側でお昼寝タイム
朝は4時半から暗くなるまでの19時半まで、お日さまと競争です。
皆さんのところは如何でしょうか?

先日「余った苗木があるから、、」と、お隣さんから

ナス:45 唐辛子:40 モロヘイヤ:20 
四角豆:12 シシトウ:38 おくら:17

頂きましたので、急いで畝(幅1m、長さ17m)を4本作り、適当に植え付けました。


(苗がはっきりしませんね。( ´△`)アァ-)
それぞれ植える場所を吟味した方が良かったかな?(笑)

写真はオクラとナスを植えたところ



手前が作った4つの畝、その奥が長年使っていなかったところ。



畝を作った場所は2,3年前まで畑として使っていたところなので、なんとか私でも収穫できるかなぁ~。

その下(奥)は、7年位何も作っていなかったので、一度刈った後の雑草の生え方も弱々しく、土が痩せていそうです。
また、杉菜が多いことから畑全体が酸性なのでは?

年内は残飯や米ぬか油粕、貝殻を入れ、マメ科とイネ科の種をばら蒔いてみようかと思っています。
先は長い道のりです。

どこかで、米ぬかと油粕、貝殻が調達できないかなぁ。

(初めてのことばかりなので疑問符が重なります。)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
※パスワードは任意の半角英数字(4~8文字)を入力して頂くと、入力表示後再編集したい場合、パスワードを入力することによって編集できるようになります。
<%comment_captcha>


高橋 康晴

    Facebook : 高橋 康晴
    2010年より縁あって静岡の伊豆で完全無農薬&無肥料 不耕起草生栽培で営農。
    自身の命は他のすべての命と一緒に育まれること、ガイヤ理論を念頭に生命豊かな畑でエネルギーいっぱいのお野菜を作っています。
    ストレス社会で【感じること】にブロックをかけている人たちに、食べることで生き物の生命力を感じてほしい。
    食を通じで感じることの大切さを伝えていきたい。


06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
   大仁まごころ市場
  山の中のはちみつ屋さん
  ピザバス
   うつわ屋kiki
  トゥッティカフェ          オーガニック&ベジタリアンカフェ
  ごはん食堂 桐家
    やおや内野           3代続く宇佐美の八百屋
   焼き菓子 tent
   ことり工芸舎             民芸品 器のお店
 青森の老舗自然食品のお店    あの奇跡のリンゴが買える